あいさつ
アクセス
トップページ会社概要会社沿革

会社沿革

西暦

歴史

1969

ロンドン大学インペリアルカレッジ内にCFD計算サービス会社Combustion, Heat and Mass Transfer Ltd (略称CHAM)設立

1974

カレッジから分離してニューマールデンに移転、社名をConcentration, Heat and Momentum Ltd に変更(略称同じ)

1976

現住所のウインブルドンに移転

1978

汎用3次元熱流体解析コードPHOENICSの開発開始

1981

世界初の汎用3次元熱流体解析コードとしてロンドン大学にてPHOENICS-81の販売開始、同時に日本でもセンチュリ・リサーチ・センタ株式会社(現在は合併して伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)を代理店として受託解析及び販売を開始

1984

日本の第1号ユーザとして新日本製鐵株式会社殿に納入
PHOENICS入力言語(PIL)の導入と曲線座標系(BFC)の追加

1985

第1回国際PHOENICSユーザカンファレンス開催(英国ダートフォード)

1989

PHOENICSにメニュータイプのユーザインターフェースを導入

1994

CHAM東京支店(略称CHAM-Japan)開設 
英国大使館にて開設記念ユーザカンファレンス開催

1995

PHOENICSのユーザインターフェースをVR(仮想現実)タイプに変更しWindows版のリリースを開始

1996

第6回PHOENICS国際ユーザカンファレンスを早稲田大学にて開催

1998

PHOENICSの並列計算版(Windows、Linux)をリリース

2002

代理店からPHOENICSのサポート業務を移管して国内の業務を一元化

2007

Windows Computer Cluster (CCS)用並列計算版をリリース、Microsoft CCS初の
認定CFDソフトとなる

2009

CHAM-Japan設立15周年記念ユーザカンファレンス開催

2010

弊社社長Prof.D.B.Spaldingがベンジャミン・フランクリン・メダル受賞

2014

CHAM-Japan設立20周年記念ユーザカンファレンス開催
業務拡張のため事務所を東京千代田区麹町から紀尾井町へ移転

PHOENICS   CVD   2相流   事例   セミナー   サポート   受託解析   会社概要
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999