製品情報

Core Package

Advanced Package

Two-phase Package
二相流・混相流

CVD Package

Rhino CFD

事例

必要環境

導入費用

導入実績

PHOENICSの歴史

流体解析事例コラム

お客様インタビュー

流体解析の基礎技術情報

PHOENICS機能一覧

トップページproductRhinoCFD

PHOENICSは、"Rhinoceros"のプラグインソフトウェアとして加わりました!


◆◇ RhinoCFD /Rhinocerosプラグインソフト体験版 ◆◇

RhinoCFD』は、流体力学(CFD)の要素をRhinoceros環境と融合させて、インタラクティブな流体シミュレーションを実現することが可能です。
そのため、その用途は数多くあり、すでに次のようなさまざまな業界で使用されています。
- 建築設計:意匠設計、外部/内部換気、HVAC  
- 船舶:船体、帆、スクリューの設計
- 医療:動脈の流れ、呼吸の流れ
- 航空宇宙/自動車:空力、ターボ機械、熱管理

◆◇ RhinoCFDでできること ◆◇

1.レーシングカー周りの風の流れを解析

目に見えない風の流れをシミュレーションで可視化して抵抗を測定し、風の乱れの少ないボディー設計に役立てます。

 

2.絵画ギャラリーの空調解析

各部屋の気流の速度を表しており、空気の流れが速い箇所程赤く表示されています。内装設計や吸排気口等の配置、空調の設定の検討に役立ちます。

 

3.電車内で咳をしたときの飛沫シミュレーション

大きさや咳の排気量を変更して飛沫がどのように拡散されるかをシミュレーションし、リスクの高い範囲を確認することができます。

 

◆◇ "RhinoCFD"紹介ウェビナー定期開催中 ◆◇

"Rhinoceros”をお使いの方また、CFD(流体解析)に関心のある方に『RhinoCFD』をご紹介させていただきたい製品です。  『RhinoCFD』の機能紹介も含めて”活用事例”のご紹介もいたします。 
また、"Rhinoceros”をお使いでない方でもご視聴いただいてOKです。

2022年
1月27日(木) 2月24日(木) 3月24日(木) 4月28日(木)
5月26日(木) 6月23日(木) 7月28日(木) 8月25日(木)
9月22日(木) 10月27日(木) 11月24日(木) 12月22日(木)
 

時間:13:30 〜 14:30
形式:オンライン(リモート)形式("Zoom"使用)
料金:無料

■詳細はこちらのページから

 
 

◆◇ RhinoCFDラインアップ ◆◇

■RhinoCFD

RhinoCFD』は、『PHOENICS』の主要な機能が備わっています。 さらに、『Rhinoceros』に包含する機能と融合させることが可能です。
- 構造格子ソルバー機能
- PARSOL(カットセル)機能
- 標準的な乱流モデルオプション
- POLIS(PHOENICSオンライン情報システム)への
 インターネットリンク
- Rhinoディスプレイ環境とPARAViewへの出力
-"Grasshopper" とのコラボレーション

 

■RhinoCFD FLAIR

RhinoCFD FLAIR』は、建築設計や建築環境系エンジニアリング分野を対象とした 『FLAIR』という、『PHOENICS』オリジナル機能が含まれています。
その主な機能は、
- 内部および外部流れに対する汚染物質ハザードモデル
- 輻射伝熱モデルオプション
- 快適性指数、ドラフト評価、乾球および湿球計算、湿度レベル
- 平均空気齢および換気量 - 1時間当たりの計算
- 火災時の煙の拡散曲線と密度の可視化
です。 これらの機能が一層、環境調査を行う際にまた、建築設計分野において有益なシミュレーション結果とデータを提供します。

 

■RhinoCFD Marine

RhinoCFD Marine』は、船体設計やそれに関連するエンジニアが、迅速かつ効果的に船体の性能を分析することができます
RhinoCFD Marine』は、自由表面法を使用することで流速やウォーターラインなど、流体シミュレーションを行う時のいくつかの重要なパラメーターや 船体形状を指定しながらのメッシュ設定などを完全に自動化することができます。

 
   

◆◇ Rhinoceros・RhinoCFD 解析コラム記事 ◆◇

 

◎『Rhinoceros』使用した船舶プロペラの流体解析

 

この解析は、"Rhinoceros(Rhino3D)"を使用して、船舶プロペラの3次元ソリッドモデルを作成しています。
そして、この3次元ソリッドモデルを”PHOENICS"に取り込み、「ROTORオブジェクト機能」を使用し、水力とトルクの値を解析しています。
”ROTORオブジェクト機能”は、プロペラ、ポンプ、ファンなどの”回転体”をシミュレーションするための便利なPHOENICSの標準機能です。

※続きはこちらから

 
   

◎PHOENICSによる唾液の飛沫拡散シミュレーション

 

2020年、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の世界的な流行に伴い、感染拡大抑制の一助として、くしゃみによる唾液の飛沫の拡散状況をシミュレーションした。  電車内でくしゃみをした際の唾液の飛沫拡散や飲食店等での会食中のくしゃみによる唾液の飛沫の拡散状況を3次元汎用熱流体解析ソフトウェア「PHOENICS」を用いて、標準的なWindowsPC環境下でシミュレーションを行った。

※続きはこちらから

 
   
 
     
 体験版    
©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999