トップページ about PHOENICS Advance Package

PHOENICS Advance Package

一般的な流体解析(CFD)モデルをはじめ下記のオプション機能を備え、複雑な解析にも対応できるPHOENICSの プライムパッケージです。


BFC

 

 

BFC & 数値アルゴリズム  

解析領域内の曲面を正確に表現する為には、直交座標系だけでは不十分な場合が多くあります。このような流れ場を解析する際には、一般座標系(BFC)の使用が不可欠となります。BFCオプションを使えばそのような場合にも対応可能となります。
詳細はこちらから

数値アルゴリズム

       
MFM  

PHOENICSは、デフォルトで対流項の離散化アルゴリズムに”一次風上法+中心差分のハイブリッド法”を採用しています。数値誤差からくる不当な拡散効果を除去し、より高精度の解を得るために様々な高精度の数値アルゴリズムオプションを提供しています。
詳細はこちらから

         

マルチブロック

       
マルチブロック  

マルチブロックは、Multi-Block Grid and Fine-Grid Embedding の略です。非常に複雑な形状(航空機、船舶、自動車など)を表現するには単一の格子系では非常に難しい場合があります。そのような場合は本オプションとBFC座標系、数値アルゴリズムを組み合わせて、解析領域をいくつかのブロックに分割することにより高精度の解析が可能となります。
詳細はこちらから

         

多相流モデル (ASM / SEM / HOL)

       
多相流解析  

PHOENICSではHOL, SEM, ASMという高度な多相流解析オプションを用意しております。
・HOL: 相間の界面ははっきりとしている場合
・SEM: いわゆる「自由表面」計算を行う場合
・ASM: ひとつの連続相と他の分散相からなる流れの計算を行う場合
それぞれの特徴詳細はこちらから

         

乱流モデル

       
乱流モデル  

PHOENICSでは、いくつかの乱流モデルを標準で用意していますが、さらに的確な解析を行いたい場合には次のような乱流モデルを用意しています。
詳細はこちらから

         

化学反応解析

       
化学反応解析  

化学反応には、総括反応モデル、多段階反応モデルがあり、反応速度モデルは、Eddy-Breakup乱流反応速度、Arrheius反応速度計算式、PDFモデルなどが含まれています。 また、CHEMKINとのインターフェースも含まれます。 これを用いて多成分混合物の混合物性値、素反応などの計算が簡単にできます。
詳細はこちらから

         

輻射計算モデル

       
輻射計算  

ある点に対する熱輻射は熱伝導、熱対流と異なり、その点を囲む全ての点の温度に影響を受けます。 このような熱輻射と連成熱解析あるいは相変化(2相流)を伴う現象の際は、輻射オプション機能のIMMERSOLモデルにより同時に扱うことができます。 また、角度の効果をより正確に取り扱うことができる、Surface-to-Surfaceモデル(形態係数を用いた手法)なども用意されいます。
詳細はこちらから

         

固体内応力計算モデル

       
固体内応力解析  

本オプションを使うことにより流体計算ばかりでなく流体内に置かれた固体内部の熱応力計算が可能となります。
流体の流れと固体の応力を同時に考える必要性がある場合に有効な機能です。 通常はこのような解析の場合、流体-構造連成解析と呼ばれますが、流体解析と構造解析では使用している解析手法が違うため、別々のコードを使用して解析します。
詳細はこちらから

         

MFM(乱流燃焼モデル)

       
MFM  

Multi- Fluid turbulence Modelの略です。爆発と火炎を含む複雑な燃焼現象をより正確にシミュレーションするためにCHAM社のProf Spladingが提唱した新しい乱流燃焼モデルです。
詳細はこちらから

         

©2005 Copyright Concentration Heat and Momentum Ltd. Welcome to this Web site ! since 8/Jan/1999